葬儀の中でも参列者に感動させる告別式

葬儀の中でも告別式はオーソドックスな流れの中でも参列者に感動してもらえる故人の生前を披露する。

葬儀の中でも参列者に感動させる告別式

葬儀の中でも参列者に感動させる告別式

最近の葬儀の中で、参列者が一緒に故人を偲ぶのが告別式です。
別れを告げる儀式ですから、故人のことをより印象づけ、故人の人柄を誇りに思う遺族は、それを知ってもらいたいと、スピーチやセレモニーへのニーズを葬儀会社に強く望むこともあります。
最近の私が参列した告別式では、読経は参列している友人の同士による参列者全員の読経という、ちょっと風変わりな供養をしていました。
焼香順位も親族の次は参列者となってはいましたが、順番にこだわらず、したい人からすると言う感じで流れていきました。
故人が、人に上下はなく、良いところのない人もいないから、みんな輝くものを持っているという考え方で、付き合いをしていましたので、故人なら、焼香順にこだわりもなく、読経は自分に重いが荒れさえすれば、気高い僧侶でなくても良いと言うであろうと遺族は思ったからでした。
そのように遺族の思いの解るセレモニーを見ると、残和や雑談する人もいません。流れが一般的な告別式であっても、遺族の気持ちが通じて、感動のあるものになるものです。

どれだけ、喪主や遺族の気持ちに添う告別式を作るか、そのスタッフは司会に案内係プレビューを作る係、何かあったら、すぐにはせ参じる係、たくさんのスタッフ全てが認識をできていてこその告別式です故人や遺族の気持ちが反映される満足できる葬儀に心残りも後悔もありません。葬儀会社そのものの葬儀に対する考え方を、普段から社員教育されているということで叶えられるとも言えます。
葬儀は突然のことですから、前もって葬儀会社を選んでいる人はいないと言いますが、会員となり、積立をする人もたくさんいますので、その時に優良案葬儀会社をよく調べてから、会員になる手続きをするのが良いと思います。
優良な葬儀会社は、全ての儀式が済んだ後も遺族がしなければならないことをアドバイスしてくれますし、支払いも気持ちが落ち着くころにという配慮をしてくれています。

Copyright (C)2016葬儀の中でも参列者に感動させる告別式.All rights reserved.